鞆の港

NPO法人 鞆まちづくり工房/御舟宿いろは 公式ブログ。

NPO法人 鞆まちづくり工房/御舟宿いろはの活動など、を紹介する公式ブログです。

2009年11月06日

イコモス委員長の視察

今月4日、世界遺産登録を審査するICOMOSU(国際記念物遺跡会議)のグスタボ・アローズ会長が鞆の視察を行いました。
この視察は、日本イコモス国内委員会の委員の方の呼びかけで実現したそうで、世界遺産登録されていないところを訪れるのは始めただそうです。

鞆の文化遺産としての価値を「歴史的な町並みがあり、海に接する住民の生活が続いている点が総合的にすばらしい」と称賛。鞆架橋計画で景観が壊されると懸念を表明した上で、「道の狭さは否定しないが、トンネルなど解決策の見つけ方はあるのではないか」と指摘した。
中国新聞より引用


イコモスは、いままでに4回ほど国際会議で鞆港保存の決議をしてくれました。
どの決議でも、事前に委員の方が鞆を視察し、その価値を十分に理解して決議を行っています。




アローズ会長の朝日新聞記事

朝日新聞記事
posted by 鞆まちづくり工房 at 19:44| 工房からのお知らせ | 更新情報をチェックする
このブログは、

IE、Sleipnir、Lunascape環境で作成されています。Mozilla、Safari、Operaでは、一部正しく表示されない場合があります。


このブログは、Seesaaブログを利用しています。
Copyright(c) NPO 鞆まちづくり工房 2009 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。